アフターピル”アイピル”の効果と服用方法

アイピルは、性交渉の際に避妊が失敗してしまった場合に後から飲む、緊急避妊薬またはアフターピルです。

アイピルとは

アイピル2

アイピルの主な成分は、レボノルゲストレルです。


プロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の薬になります。


黄体ホルモンを大量に摂取することによって、時的に排卵を遅らせ、着床する内膜が厚くなるのを阻止します。


すなわち、排卵と受精・着床のタイミングをずらし、妊娠を回避するということになります。

アイピルの効果

カップル

毎日飲む低用量ピルとは違い、性交渉の後に1錠だけ服用し避妊を回避します。


普段低用量ピルを服用していない人でもその時だけアフターピルを服用するだけで、望まない妊娠を回避することができます。


アイピルは避妊薬ですが、目的としては”望まない妊娠から女性を守る薬”です。


しかし、低用量ピルやコンドームなどの避妊薬とは違い、効果は大きく下がってしまうのです。


時計


アイピルを服用する際に、避妊に大きくかかわってくるのが「服用時間」です。

  • 24時間以内の服用:95%以上
  • 25時間から48時間経過後服用:85%
  • 49時間から72時間以内の服用:58%

このように、性交渉後に早く服用すればするほど避妊効果は大きくなります。


避妊薬アイピルを最安値価格で購入したい方はこちらからどうぞ♪

アイピルの副作用


悩む


アイピルなどのアフターピルは、主要成分を体に取り込むことによって黄体ホルモンに作用し、”いきなり”生理を起こさせます。


なので、このような副作用が多くの方に出ます。


吐き気、頭痛、不正子宮出血、腹部の痛み、乳房の痛み、めまいなど


副作用が長い間おさまらない場合は、医師の診断を受けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ